肌トラブルは身体の不調?日々の生活を見直そう

a7

ニキビのできる場所は?

ニキビっていろんなところにできますよね。
特にお顔にできることが多いと思いますが、お顔の中でも顎やフェイスラインは誰もがニキビのできやすい場所だと言えます。
そもそもニキビは色々なことが原因で出来ますが、できる場所によって原因がそれぞれ違ってきます。
まず、お鼻や頬にできた場合は、胃腸が荒れていたり、毛穴の汚れでターンオーバーが上手くできないなどの原因が挙げられます。
口回りはビタミンの乱れなど、おでこはシャンプーやリンスーの洗い流しなどが挙げられます。
それからできやすい顎やフェイスラインは、メイクの洗い残しや生理前の過度な男性ホルモンの分泌で、お肌の新陳代謝の崩れ、睡眠不足、ストレスや体の冷えなども原因の一つです。
フェイスラインから首筋にかけてあるリンパ腺の流れが悪くなるのもニキビのできてしまう原因と言われていますがそれを流そうとマッサージをする時の強い肌刺激などもニキビの原因になってしまいます。

顔以外にもニキビは出来る!

ニキビってお顔にできる印象が強いですよね?
確かにお顔は皮膚の中で1番皮膚が薄く敏感なので、ニキビなどのトラブルが起きやすいのです。
ですが、ニキビはお顔に以外にもあらゆる処にできてしまいます。
背中、おしり、首、胸元、それから頭皮にも出来ます。
出来る場所によって原因や対処法はさまざまですが共通していえる原因はやはり、シャンプーや洗剤などのお肌に残りがちな汚れなどが原因だと言えます。綺麗に洗い流しているつもりでも、意外に残っているものです。
汚れや洗剤などが流せていないとお肌に刺激を受け炎症を起こしニキビとなってしまうのでシャンプーなどで洗った時間の倍、洗い流すことがとっても大切ですね!
たくさんのニキビの原因についてお話してきましたがやはりノンストレスなどで生きていくのは不可能ですし、色んな原因を完全に排除することは難しいのです。
でもニキビができてしまうのは嫌ですよね…。
そんな時の為に、自身に合った治し方を知っておきましょう。

ニキビの治し方

特にできやすい顎やフェイスラインにニキビが出来てしまったらまずは、日々の生活を見直すこと!
気が付かないうちに睡眠不足や食生活が乱れてたりして、体に不調が現れお肌にも表れてくることが多いです。お肌が新しい皮膚へと入れ替わる夜22時から翌2時の間にしっかりメイクを落とし充分な睡眠を取ることが大切です。

食生活では、外食や油の多いものは減らし血液の循環をスムーズにさせる働きのあるビタミンEの食べ物を積極的に取ること。
あとは紫外線から肌を守り、栄養素を保つ働きのあるビタミン?を取ることで、炎症を起こしているお肌を守ることも大切です。

次に常にお肌を清潔にすること!
ニキビができたということは、お肌が炎症を起こしている状態なのでニキビを隠すためのファンデーションの厚塗りやメイクを落とさず寝てしまうなどはより炎上を起こさせてしまう原因です。
くれぐれもメイクは落として睡眠することと、なるべく素肌でいるようにし、お肌に負担をかけないよう常に清潔にし、菌や汚れがお肌に付かないようにしましょう。
クレンジングは優しく、特にニキビのできてしまった箇所は強い摩擦でのクレンジングは避けましょう。
洗顔もきめ細かい泡で優しく包み込むように洗顔し毛穴の汚れなどとり、そのあとはたくさんの保湿してあげてください。

それからニキビにはラベンダーの精油が良いと言われています。
精油は本来、精油だけで直接お肌につけることは出来ないのですが、ラベンダーは海外では治療薬ともされているほど万能と言われており、少量ならお肌に直接使えます。
綿棒に少しつけ、ニキビの出来ている箇所に優しく塗布します。そうするとより治りが早くなります。

また、火傷などにもよいとされており、火傷跡が残らず治ると言われています。
ニキビや火傷、お肌トラブルを早く治したい時などにはおすすめです!
たまに過度なストレスなどでいきなりたくさんのニキビが出来てしまったなどすることがありませんか。そういう時は皮膚科にいくこともお勧めです。
急な肌トラブルは自身でケアーしてもなかなか治らない場合が多く、余計にひどくなってしまったりする場合があるので皮膚科でお薬もらい早急な治療をされた方がよいでしょう。

ニキビを予防するためには?

では、予防や対策もお話していきましょう。特に顎ニキビは一度出来てしまうと、癖になってしまい治ってもまた出来てしまったりするできやすい場所です。
そういった事を防ぐためにも対策や予防を知っていきましょう。

中から予防よるということが一番の予防対策です。
お肌は大きく分けて表皮と真皮に分かれます。
簡単に言えば表皮がお肌、つまり皮膚の部分で、真皮はその皮膚を作っている表皮の下にある部分です。

表皮は何層にもなって出来ており、お肌の上からのケアーは古い角質などがあるとどんなに頑張っても表皮の下の真皮までは届かないと言われています。
ニキビなどのトラブルは表皮の中で起きるので、ニキビが出来た際は表皮のケアーなどはとても大事になってきますし表皮をケアーすることでニキビが早く治るのですが
予防となると表皮の下にある、皮を健康な状態にしなければ治ってもまた出来てしまうといった繰り返しが起きます。

真皮はコラーゲン、ヒアルロン酸など作り出すところでお肌に潤いをもたらしたり、ターンオーバーをする所なので真皮を健康な状態にすることで健康なお肌に繋がるというなによりの予防です。
真皮を健康にするには先ほども話しましたビタミン、コラーゲン、ヒアルロン酸となるタンパク質を取るように心がけることが大切です。
それらを取ることで、真皮の働きが活発になり紫外線からの影響を受けにくいお肌を作りだすことができ、ニキビなどできにくいお肌となるのです。

最近ではビタミンC誘導体などの浸透力が強い商品を使うと良いとも言われています。
その他、顎は汚れがたまりやすい場所とも言われているのでピーリングもお勧めです。
ピーリングで古くなった角質を取り除くことによって化粧水や美容液などの浸透をよくし顎ニキビを防ぐこともできます。
ピーリングをする際は、お風呂などで十分毛穴を開かせ、お肌を柔らかくしてから行いましょう。
この時も強い摩擦は避け、優しく行いましょう。
顎ニキビは糖質の取りすぎでもできる原因となりますので糖質を控えるなどもよいでしょう。

お肌のトラブルは些細な事が原因だったり、体の不調のサインです。
特に目につく顎やフェイスラインのニキビは生理やホルモンの関係で女性で悩んでいる方が多く、できやすい場所です。
これからの季節髪を上げたりするとダイレクトに見える所でもありますので、今からお肌のケアーや生活リズムやお肌に良いものを体に取り入れてく事を心掛けていきましょう。
そうすることできっと体の健康状態もより良くなるはずです。
毎日の積み重ねって大切ですよね。
お肌は日々の見直しで改善することができるのであきらめず美肌美人を目指しましょう。